電子ブレーカー及び浄水器の導入価格やメリットを知る

電子ブレーカーの導入価格

ブレーカー

一般家庭等に備え付けられている従来のブレーカーは電熱が一定値を超えることによって電力を遮断する仕組みになっていますが、近年では別の仕組みのブレーカーが注目を集めています。そのブレーカーというのは電子ブレーカーと呼ばれるもので、コンピュータ制御による電流値計測を行ない一定数値を超過した際に電力を遮断するといった仕組みをとっています。また、コンピュータ制御によって無駄のない高効率な電力供給を行うことが可能で、大幅な節電面に関しての期待が高まっています。
電子ブレーカーの導入を考える際に気になるのは導入に掛かる価格かと思います。電子ブレーカーの導入価格はメーカーによって変わってきますが、価格の変わる1番の要因としてはコンピュータ制御のために使用されるCPUの質によるものがあります。CPUは電子ブレーカーの脳といってもいい部分で電流値計測及び電力供給の高効率化を担っている箇所となります。このパーツが高性能かどうかによって導入価格は変動するのです。また、買い取りかリースによっても変動します。買い取りであった場合、その相場は約50万円とされており、そこに初期工事費用も加算されます。リース契約した際には月々約8000円で利用することが可能ですが、7年以上使用した際には買取した方が導入価格を安く済ませることができます。電子ブレーカーを選ぶ際にはこういった点で価格が決まっていることを考慮して、どういったメーカーと契約すべきかを検討するといいでしょう。

浄水器の種類と特徴

水道

水道水には滅菌処理のため塩素が必ず含まれています。その塩素が健康に悪影響を及ぼすということで多くの人は更に安全な水を求めるようになりました。浄水器を導入することで自宅で好きな時に好きなだけ安全な水を手に入れることができます。

必要な電力を供給

電気工事

メインブレーカーからの電力を分電する子ブレーカーには使用できる電力量が決まっているため、その電力量が足りない場合には増設や高ワット使用可能な子ブレーカーに交換する必要があります。

漏電の脅威と対策

工具類

電化製品を使用していくにあたって、漏電の発生というのはいつ起こるか分かりません。火災や事故を防止するために漏電ブレーカーを導入し、漏電修理等を行う際に気をつけなければならない注意点などを知っておく必要があります。