電子ブレーカー及び浄水器の導入価格やメリットを知る

浄水器の種類と特徴

水道

日本の水道水というのは世界基準でみれば安心安全なものですが、日本人の多くは更なる安全を求めます。近年ではメディア等で水道水に含まれる塩素等の不純物についてとり上げられることがあり、多くの日本人は水道水の摂取を避けるようになりました。その結果としてペットボトルやウォーターサーバー等のより安全な水の需要が急増したのです。しかし、そういった物を購入し続ける際のトータルコストを想定するとそのコストを高額なものとなってしまうでしょう。よりコストを抑えて安全な水を手に入れる方法として浄水器の導入といった方法があります。
浄水器は自宅等の水道周りで使用する設備で、水道水をフィルターに通すことで塩素等の不純物をろ過し綺麗で安全な水を整水します。また、浄水器には様々な種類があり、その種類は安価で手軽なものから工事が必要になるものまで様々です。その中でも多く利用されている製品は蛇口直結型の浄水器で、導入に掛かるコストも約2000円から5000円と安価なものになっています。取り付けに関しても蛇口に取り付けるだけなのでとても簡単なものとなっています。デメリットとしては他の浄水器と比べ不純物の除去率がやや低いといった点とフィルターが小さいため、フィルター交換時期が早いといった点があります。他のタイプの製品には据え置き型と呼ばれるものがあり、シンクに直接設備を設置する形で使用します。シンク周りのスペースを取ってしまう点がデメリットとなりますが、不純物の除去率が高く、フィルターの交換頻度も1年に1度程度と長期間同じフィルターを使用できます。最後に、アンダーシンク型というタイプがあり、据え置き型のシンク周りのスペースを取ってしまうといったデメリットを改善したものです。また、取り付けの際にはシンク下等に工事で取り付けなければいけない場合があり、そこがデメリットといえるでしょう。こういった様々な浄水器の中から自身のライフスタイルの合ったものを選ぶことによって安心で安全な水を自宅で手に入れることができるでしょう。